09

越前おおの 水をたべるレストラン ~一夜限りのレストラン 打波古民家の夜~

イベント概要

越前そばの、軽やかな香り。日本酒の、芳醇な風味。お米のつやに、和菓子の甘み。越前おおの市の「おいしい」は、みんな大野の水生まれ。山に囲まれた豪雪地帯の大野市は、雪どけ水をたっぷりとたたえ、豊かな水環境が息づく、「天然の水がめ」です。農林業・発酵業など、このまち独自の営みは、水と共に生きる知恵と、水への感謝によって育まれてきました。大野の「食、ひとつひとつに、「水」と人とがつむいだ物語が秘められています。いったい、どんな物語なのか。その食、その物語を通じて、大野という土地を感じてもらう。そしてその土地に住む人たち自身も改めて、大野の素晴らしさを見つめ直す。それが「水をたべるレストラン」という取り組みです。
一夜限りのレストランでは、そのコンセプトのまま越前おおのの古民家をレストランとして活用し実施。全国から集まる招待者へ食のおもてなしを通して大野の魅力を再発見します。