時空超越美術賞

MRミュージアム in 京都

イベント概要

博報堂と博報堂プロダクツによるVR・ARの専門ファクトリーhakuhodo-VRARは、京都最古の禅寺といわれる臨済宗建仁寺派 大本山建仁寺と、国宝「風神雷神図屏風」を題材に文化財のデジタル・トランスフォーメーション事業として共同研究「MRミュージアム in 京都」を行いプレス発表会、及び一般公開を実施した。
本研究は日本マイクロソフトと連携し、同社のMixed Reality技術を使って「体験する」ことをテーマとして進められた。今回制作された、今までにない文化財の鑑賞体験コンテンツでは約10分間の複合現実が体験可能であり、プレス発表会の後、建仁寺(2/22-24)、続いて京都国立博物館(2/28-3/2)で一般公開された。整理券は瞬時に配布終了となったが、多くの来場者に体験いただくと同時にメディア報道でも話題になり大きな露出効果を得た。