イベントで復元賞

第24回春姫道中

イベント概要

名古屋城本丸御殿復元運動として生まれた「春姫道中」は、戦国末期、尾張徳川家初代藩主「徳川義直公」に輿入れした紀州藩主浅野幸長の息女「春姫」の嫁入り道中を再現した時代行列です。時は1615年4月12日。女騎馬武者43人、長持300棹、御駕籠50挺。長さ10数町にも及んだと伝えられる春姫の華麗な花嫁行列は、混乱の戦国末期の安定と太平の兆しとして、尾張の町衆に歓呼の声で迎えられました。本丸御殿に唯一住まわれた春姫にご登場いただき、「名古屋城本丸御殿復元」を訴えてきた「春姫道中」は24回を重ね、2018年6月8日、ようやく念願が叶い、名古屋城本丸御殿は完成、公開の運びとなりました。