09

GREEN WORK HAKUBA

イベント概要

<実施背景>
豊かな自然に恵まれた長野県白馬村。近年の気候変動により観光産業が大きな影響を受けていた。
そこで、地域活性の新たな手立てとして「サーキュラーエコノミー」を学ぶカンファレンスを開催。
参加者の誘致だけでなく、白馬村を「サーキュラーエコノミーを牽引する街」としてブランディングすることで新たな魅力を生み出した。
<サーキュラーエコノミーとは>
循環型経済を実現させるために必須とされる新しい経済モデル。廃棄を生み出さない製品・サービスの設計や、環境負荷の少ない原料・エネルギーを選択する。気候変動の問題に直面する白馬村だからこそ、より意欲的に学ぶことができるテーマだった。
<施策のポイント>
・環境意識の高い多様な企業が20社以上参加
・豊かな自然に囲まれて「リゾートワーク」体験
・国内外の第一人者による最新の講義
・再利用ができる工夫を施したイベントツール
<実施結果>
新聞、雑誌、WEBメディアに取り上げられブランディングに寄与。観光地としての魅力に「サーキュラーエコノミー」という先進的なテーマが付随し、地域の新たな価値創出に成功した。また、本イベントは「2020年最大のサーキュラーエコノミーイベント」と称され、第二弾の開催も決定。地域活性の継続的な取り組みとして定着している。